セミナーで学ぶ不動産投資

セミナーを今後に活かす

セミナー中はメモを忘れずに

よく学校の先生に、ノートをとりなさいと怒られましたよね。
それは、人間はすぐに記憶を忘れるようにできているからです。
その場では、なるほどと納得していても、数時間たてば驚くほどにその記憶定着率は低いのです。

したがって、セミナー参加中は、抗議者の発言した重要な言葉をしっかりとメモに残し、家に帰ってからでも正確に理解できるように心がけましょう。
また、当然セミナーで言われたことは全て理解できるものではありません。
中には、わからない単語や、理解できないシステム系があるものです。

それらについて、家に帰った後に復習の時間をとりましょう。
こうすることで、セミナーの内容をより深く考えることができ、これからの不動産投資への糧にすることができます。

まとめノートを作ろう

現在、本屋さんに行くとたくさんの不動産投資関連の参考書が売っています。
また、インターネットにも同様の情報が載っており、探そうと思えばほぼ全ての情報が見つかる時代です。

しかし、その中でも他の人が持っていない可能性のある貴重な情報があります。
それが、セミナーなどで聞くことのできる、専門家の生の声なのです。
これほど貴重な情報はありません。
もし本屋さんにいったとしても、これほど価値のあるものに出会えるかどうかはわかりません。

したがって、セミナーに参加する場合は、セミナーの復習をかねてまとめノートを作りましょう。
こうすることで、世界にひとつだけの、不動産投資参考書が出来上がります。
これを元に経験を積み重ねれば、きっとあなたのスキルは専門家に近づくことでしょう。


この記事をシェアする
TOPへ戻る